2019年9月17日から、枚方市に2つめのコワーキングスペース『ビィーゴ』がオープンします。この大きな出来事を、同市のコワーキングスペース『SHINCRU』の運営に携わっている者として、とても複雑な心境で見守っています。そんな現状と心境を吐露します。そして、また前を向いて邁進していこうと思います。ぜひ両コワーキングスペースに足を運んで、それぞれの空間を楽しんでください!

では吐露していきましょう!

と、その前に現在のSHINCRUについて

私が運営に携わらせていただいてる『SHINCRU』はもともと、『ひらば』というコワーキングスペースでした。枚方市で最初のコワーキングスペースということで、近隣在住のフリーランスをはじめとした方々が集まり、約3年ほどでローカルなつながりによる素敵な空間ができていきました。ぼくもこの『ひらば』の会員で、楽しくお仕事させていただいてました。

が、約1年前に急遽経営困難でありこのままでは8月末で閉めるしかないと打ち明けられました。打ち明けられたのは8月中旬。まさに青天の霹靂でした。
この3年でできた空間を失くすのは惜しいと立ち上がったのが、ひらばの会員であった岡田氏です。ひらばの運営会社であった『morondo』から、事業を譲渡してもらい、『ひらば』の継続と再建を行うことになりました。

引き継いだ『ひらば』ですが、状況は惨憺たる状況で、存在するだけで赤字を垂れ流す大破しかけた船のようでした。岡田氏は決して少なくない費用をつぎ込んで応急処置し、同時にコスト削減や新プラン・企画などを打ち出し、ぼくを含めた運営スタッフの協力のもと、店名も『SHINCRU』に改め、この1年でなんとか前に進めそうな状況まで復旧させていくことができました。

で、ビィーゴ

『SHINCRU』のおとなり、枚方市駅にこの度『ビィーゴ』ができたわけですが、規模としてはSHINCRUの3,4倍ほどはあろうかと思われる大変大きなコワーキングスペースです。ビィーゴは『枚方パートナーシップス』が『Picnic Work』に運営委託して経営されます。この『Picnic Work』は代表をのぞき、元『ひらば』のスタッフで、ビイーゴも元ひらばスタッフが担当するそうです。つまり1年前まではひらばでスタッフをしていた方々が、来週から『ビィーゴ』をスタッフとして活動されるわけです。

さてここが大変困惑するところで、『お世話になったスタッフさんが新しいコワーキングスペースでまた活躍される』というところにフォーカスすれば、大変喜ばしいことで、全力で応援する案件です。しかし『すぐとなりに大規模のコワーキングスペースができた』という事実にフォーカスすれば再建途中の船が再度大破する可能性が大いにあり、大変喜ばしくないニュースです。お世話になったスタッフさんを応援したいけど、応援すると我々が死んでしまうんです。

SHINCRUの葛藤

今年の夏のはじめ、Picnic Workから「ビィーゴが9月にオープンする」という話を聞き、SHINCRUの運営スタッフは大変悩みました。それはそうです。規模も財力もあるコワーキングスペースが目と鼻の先にできるんです。家の50m先のコンビニと100m先のコンビニあったら、50m先のコンビニに行くじゃないですか。特急も停まり、枚方市のターミナルである枚方市駅という利便性の良いコワーキングスペースに人が流れるのは目に見えています。

そして、『元ひらばのスタッフ』という存在。コワーキングスペースではスタッフも大きなコンテンツのひとつです。このスタッフというコンテンツによって会員契約を継続されている方もたくさんいます。もともと『ひらば』にあった良質なコンテンツが『ビィーゴ』にスライドしてるんです。かたや『SHINCRU』は『元会員』でありスタッフとしての経験も技量も遠く及びません。何名かSHINCRUからビィーゴに乗り換えた会員さんがいますが、このスタッフの魅力が理由だという方が少なくないと思っています。
そして、元スタッフということはSHINCRUのハード面、ソフト面とも経営的な内情をある程度か知っているでしょう。

そんな事実を前に存続の危機を感じていました。どうやって生き残るか悩み、いろいろな意見がでてきました。共存できるのか?戦っていけるのか?戦うにしても非常に戦いにくい強大な相手に勝てるのか?ぶっちゃければ『廃業』も考えました。というか今でも頭の片隅に考えています。

協力ももちろん考えています。しかしながら、現時点ではどのようなことが協力できるか具体的なものが浮かびません。(ちなみに、現在SHINCRUでは新規会員希望者のお住いがSHINCRUよりビィーゴ近い場合、ビィーゴをおすすめしています。)

いろいろな意見が出た結果、『SHINCRUのユーザのためにさらに魅力的な空間を作っていくことが利益を最大限得られる』という考えに至りました。大変苦しい中ですが、ユーザに喜んでもらえる素敵な空間を引き続き提供していくべく、頑張っていきたいと思っています。

ビィーゴは順風満帆の模様

さて先日、オープニングパーティに招待していただきまして、参加してきました。コワーキングスペースのオープンだというのに、コワーキングスペース経営者や利用者はもちろん、近隣企業の経営者や政界の方々など200名以上の方が参加していました。この規模のオープニングパーティは見たことありません。まさに華々しいデビューです。素敵なコワーキングスペースになるよう1コワーキングスペースユーザとして応援します。

そのパーティでいろいろな方にお会いしまして、SHINCRUを応援していただいたり、アドバイスをいただいたりしました。非常にありがたいことで、この場を借りてお礼申し上げます。みなさんの応援を原動力にさらにSHINCRUが魅力的な空間になるよう邁進していきたいと思います。

この1年が勝負

さて、来週からビィーゴがスタートします。SHINCRUは2年目に突入します。ここからの1年はまさに勝負の年。しっかりとした結果が出せなければおそらくSHINCRUは1年後にはなくなるでしょう。逆に結果が出せれば1年後に一回り成長したSHINCRUをお見せできるでしょう。どちらに転ぶか楽しみです。

投稿者: Ippei Sumida

フリーランスデベロッパー。大阪を中心にWeb開発をしています。